ニューバランスのスニーカーは価格もバラバラで初めて購入する人には分かりづらい仕組みです。当サイトでは似ている品番の比較や品番の意味を誰でも理解できるよう解説。ニューバランス初心者から上級者まで楽しめるサイト作りを心掛けています。

ニューバランスの選び方

ニューバランスM1300の特徴とオススメモデル

ニューバランスM1300

ニューバランスを代表する品番である「M1300」。

RalphLauren(ラルフローレン)の創設者が、

「雲の上を歩いているよう」

と、絶賛したことも有名な話です。

そんなニューバランス1300ですが、実はあまり知られていない情報が結構あります。

せっかくニューバランス1300という高価なスニーカーを購入するのであれば最低限、知っておいた方が良いこともあるので1300の購入を考えている人はこの記事に最後まで目を通しておいて下さい。

スポンサーリンク

ニューバランス1300の特徴

ニューバランスM1300

履き心地が絶賛されているけど実は、、、

最初に紹介したように、ニューバランス1300はラルフローレン氏が絶賛したこともあり、履き心地がとても良いと評判です。

しかし、考えてみればニューバランス1300は1985年に発売されたモデルです。

1985年以降には、

あげるとキリがない程にたくさんのモデルが発売されています。

何が言いたいのかというと、

『ニューバランス1300よりも履き心地が良いモデルはたくさんある!』

と、言うことです。

当たり前ですよね。後に発売されたモデルのほうが最新の技術が取り込まれていますから。

ニューバランス1300はラルフローレンの言葉などにより知名度が1人歩きしてしまったモデルだとぼくは思っています。

ぼくが愛用している中でも、1500や1700はニューバランス1300とくらべても明らかに履き心地が良いです。(もちろん個人差はありますが)

スニーカーに履き心地を求めている方は1300以降に発売されたモデルも一度履いてみて下さい♪

基本的にはUSA製のため高価

M1300は安価なニューバランスを求めている人にはおすすめできません。

なぜならM1300はニューバランスの中でも高額なアメリカ製だからです。

※過去にはUK製の1300もあったそうですが、今では新品で見つけるのは難しいでしょう

アメリカ製のニューバランスはアジア製の1万円程で購入出来るニューバランスとは全体の生地や細かい箇所に使われている素材が異なるので高額になります。

無駄に高値で売られている

ニューバランスM1300の価格はだいたい2万円~3万円が相場です。

しかし、中には普通に買えば2万円程のM1300を5万円以上で売りつけようとしている業者もちらほらみます。

そんな売り方をする業者がいるのは、

『M1300JP』というモデルが存在するからです。

このM1300JPというモデルは5年ごとに発売される超プレミアモデルです。

ニューバランスM1300JP

関連記事:【1300JP】5年に一度発売される完売必至のニューバランススニーカー

オークションでは平気で5万円以上します。

このM1300JPの存在を利用して、プレミアでも何でもないM1300を高額で販売している人たちがいるのです。

M1300JPが高額で他のM1300はM1300JPに比べて安価(2万円~3万円)だということはしっかりと覚えておいて下さい。

見た目はごつめ

ニューバランス1300の見た目は、ボリュームがありゴツゴツした印象です。

スマート、スタイリッシュという言葉は全く当てはまりません。

以下はよく比較される品番との違いをまとめたものです。

シルエットの違いも比較しているので気になる方はチェックしてみて下さい。

おすすめの1300

ニューバランスM1300

M1300DGR

ニューバランススニーカーの定番、グレーを基調にしたスニーカー。

ヒールとNマークにはニューバランスには珍しい配色が使われており今風のデザインとなっています。

M1300レザー

M1300のレザー生地です。高額ですが、とても高級感があります。

ニューバランスのスニーカーの中でもかなり珍しいスニーカーです。

M1300CRE

落ち着いた色合いでそんなコーディネートにも合うデザイン。

シンプルなスニーカーを探している人にはおすすめのスニーカーです。

まとめ

実はニューバランスの正規店でM1300はあまり販売されていません。

もし購入を考えている人はネットや並行輸入しているお店で探したほうが効率が良いです。

ちなみに正規店で販売しない理由は以下の記事で詳しく書いています。