ニューバランス「1500」と「1300」を比較。デザインから履き心地まで違いをまとめてみました

ニューバランス1300と1500比較

このページではニューバランスの1300と1500の比較をして違いをまとめています。

どちらもニューバランスを代表する品番ですが996574に比べると履いている人も少なく情報も乏しいです。

1300は1985年に誕生。1500はその5年後の1990年頃に発売されたモデル。

どちらもニューバランスを代表する品番で価値の高いスニーカーです。

比較してみると異なる箇所がたくさんあるので一つ一つ見ていきましょう。

シルエットは1500の方がスタイリッシュ

1300と1500を比較してまず気になったのが全体のシルエットです。

このページの最初の画像を見ると分かりますが1500の方が細身でデザインがスタイリッシュです。

反対に1300は全体的にポテっとしており丸みのあるシルエットになります。

1500の方がきめいめなスタイルに合い、1300の方がカジュアルなスタイルに合うでしょう。

1500の方がサイドのNマークが小さい

1300と1500は全体的なデザインが大きく異なりますが、その中でもサイドのNマークの大きさは特に大きな違いとなります。

ニューバランス1300と1500Nマーク比較

1300の方が1500に比べてNマークが大きいです。

大きなNマークはブランドを象徴し過ぎていると言う意見もあればニューバランスらしくて好きと言う意見もあります。

人それぞれ意見は異なりますが、過去にファッション業界で1500がブームになった時にはこの小さなNマークがブームのきっかけだったとも言われています。

ちなみにニューバランスの中でも定番の574や996は1300と同じで大きなNマークです。

小さなNマークはニューバランスの中でも上位モデルに多く、履いている人も大きなNマークに比べると少なくなります。

以下、全てではありませんが小さなNマークの品番です。

1300はUSA製 1500はUK製

ニューバランスの生産国は主にアメリカ、イギリス、アジアの3種類があります。

1300はアメリカ製で1500はイギリス製がメインです。

ちなみにイギリス製のニューバランスは高級志向のものが多いため、1500はレザー仕様や落ちついた色合いのスニーカーが他の品番に比べると多くなります。

価格はどちらも同じくらい

1300も1500もニューバランスの中では高額な部類に分けられます。

目安の価格は20,000円~30,000円。

ただ、1500にはMD1500と呼ばれるアジア製の安価なモデルも存在します。

イギリス製とアジア製では履き心地にも差があるので、購入する前にしっかりと確認しておきましょう。

ニューバランス1000番台を買う前に必ず知っておいて欲しいコト
...

履き心地の違い

1300と1500を履き比べてみた感想は、

  • 1300:クッション性に優れている
  • 1500:安定感に優れている

そんな印象です。

個人的な意見ですが歩くときには1300の方が楽で立っているだけなら1500の方が楽でした。

履き心地には個人差があると思いますので購入の際は実際に履くことをおすすめします。

どちらか迷ったら

1300はニューバランスの中でも定番のデザインでニューバランスらしさのあるスニーカーです。

1500は定番のニューバランスと比べるとデザインが独特で他の人とはカブりにくいスニーカーと言えるでしょう。

ぼくの個人的な意見はどんな服装にも合わせやすく、履いている人も少ないので1500の方がおすすめです。