ニューバランスのスニーカーは価格もバラバラで初めて購入する人には分かりづらい仕組みです。当サイトでは似ている品番の比較や品番の意味を誰でも理解できるよう解説。ニューバランス初心者から上級者まで楽しめるサイト作りを心掛けています。

ニューバランスの選び方

後悔しない品番選び!!高いニューバランスと安いニューバランスの違いを把握しておこう

ニューバランスM1500

当サイトでは何度も書いていますがニューバランスのスニーカーには20000円を超える高額なスニーカーとそれ以下の安価なスニーカーの2種類があります。

この違いの原因は生産国にあり、以下のように明確に分けられます。

※価格は参考程度に見てください

アジア製アメリカ製UK製
低価格(約20,000円以下)高価格(20,000円以上)高価格(20,000円以上)
MRL996、ML574などM996、M1400などM576、M1500など

ニューバランススニーカーを愛用している人でもこの違いを知らない人は結構多いです。

高いモデルと安いモデルには価格以外にも違いがあるので知っておくと購入する際の選択の幅が広がるはず。

このページで価格の違う2つの種類についてまとめましたので参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ニューバランス生産国の確認方法

価格の違うニューバランスがあるのは作っている国が違うからです。

これはニューバランスに限らずどんなブランドにも当てはまりますが、中国製やベトナム製の製品は安価なものが多く、反対にアメリカ製やイギリス製、日本製のものは価格が高いことが多いです。それだけコストがかかっているので当たり前です。

ちなみにアメリカのスポーツブランドの中では唯一ニューバランスだけが今でもUSA製のシューズを作っています。

ニューバランスMADE IN USA

ほとんどのUSA製・UK製のニューバランスには画像のように、分かりやすい記載があります。

ニューバランスMADE IN ENGLAND

イギリス製の中には「MADE IN UK」と「MADE IN ENGLAND」の2パターンあるようです。

自分の購入した靴がアメリカ製orイギリス製だと思っていたのに記載がない!そんな人はベロの裏をチェック。

ニューバランス生産国の場所

このラベルを見ると生産国以外にもその靴の詳しい情報がわかります。

見たことのない人は一度確認してみてください。

安いニューバランスは工場で大量生産、高いニューバランスはハンドメイド

生産国の違いは生産される工程の違いに繋がります。

アジアで生産される安価なニューバランスはコストをかけないために工場で大量生産。

反対に高額なアメリカ製やイギリス製のニューバランスは一つ一つ手作業で生産されているため、コストもかさみスニーカー自体も高額になる仕組みです。

どちらが良くてどちらが悪いというわけではありませんが、ニューバランスを購入する際の1つのポイントとして知っておくと良いでしょう。

 

使われている素材・テクノロジーの違い

これはニューバランスの正規店の方に聞きましたが価格の高いニューバランスにはそれだけ良い素材が使用されているそうです。

例えばニューバランスの中でも特に高額なM2040にはカーボン素材というとても高価な素材が使用されています。

他にはソールに使用されているテクノロジーにも違いがあります。

M2040ソール部分のカーボンファイバー

ぼくの印象としては安価なニューバランスは軽量化を重視したスニーカーが多く、高額なニューバランスには安定感とクッション性を重視したスニーカーが多いと言う印象です。

ニューバランススニーカーの中でも特に人気の996にもいくつか種類がありますが、その中でも特に人気なM996とMRL996があります。

この二つもソールの種類が異なりアジア製のMRL996が軽さ重視、USA製のM996がクッション性重視となっています。

詳しくは以下の記事にも書いています。

高いモデルと安いモデルの違いを教えると急に高いモデルがおしゃれに見える(笑)

ニューバランスホーウィンレザー

ニューバランスを履いている人の中には値段の違いが分からず、とりあえず安いモデルを購入したという人は多いです。

そんな人に価格の違いは生産国や素材の違いであることを伝えると決まってUSA製・UK製がおしゃれに見えてくると言います(笑)

以下で紹介しているモデルは全てUSA・UK製です。

実際にUSA製やUK製のニューバランスにはアメリカの有名な革加工会社であるホーウィン社のレザーが使用されていたり、スニーカー全体に上質なスウェードが使用されていたりと、高級感の違いはパっと見で分かったりもします。

実は価格が曖昧なモデルもいくつかあります

高額なUSA・UK製のニューバランスは基本的には20,000円を超えます。しかし中にはセールでもないのに20,000円を切る特殊なモデルもあるのです。

そして反対にアジア製にも関わらず20,000円近いモデルも存在します。

ML1978:USA製

軽さが重視されているスニーカー。

2016年に誕生したまだ新たしいモデルなので履いている人は少ないです。

USA製にも関わらず20,000円を切っており、今後注目の一足です。

CM1700:アジア製

2016年に復刻されて話題となったM1700。ぼくも好きで愛用しています。

M1700はUSA製で定価が40,000円近くします。スニーカーが好きな人でなければ購入出来ないような価格です。

しかし、CM1700であれば定価が20,000円以下なので購入出来なくもない価格。

ただ、ベトナム製ということを考えると、もう少しお金を出してUSA製やUK製のニューバランスを購入したほうがコスパ的には良い気もします。

MS574:アジア製

最近履いている人が増えてきた574のスポーツタイプです。

ほとんどは10,000円以下で販売されていますが、稀に15,000円を超えるMS574があります。

調べた所、生地の種類などにより価格差があるようです。

コラボモデル

他ブランドとのコラボスニーカーはアジア製でも高額な場合が多いです。

さらに数量限定のコラボモデルは完売した後にプレミアがついて、価格が定価よりも高くなることも少なくありません。

自分の足に合った靴を履きたいなら選択肢を広げることも考える

なるべく安く靴を購入したいとなるとアジア製のニューバランスに絞られます。

しかし、予算を増やしUSA製・UK製も候補に入れると、選べる範囲が広がり自分の足に合った靴を選びやすくなるでしょう。

実際に履き心地の良いと評判のモデルにはUSA製・UK製が多く、種類もかなりあります。

まだ履いたことのない人はお店で履いてみるだけでも良いので、その違いを実感してみて下さい!