ニューバランスのスニーカーは価格もバラバラで初めて購入する人には分かりづらい仕組みです。当サイトでは似ている品番の比較や品番の意味を誰でも理解できるよう解説。ニューバランス初心者から上級者まで楽しめるサイト作りを心掛けています。

ニューバランスの選び方

日本ではほとんど見ることのない「ニューバランスM585」とは?人気の574と比較してみました

ニューバランスの500番台は安定感のある履き心地と丸みのあるポテっとした見た目が特徴のスニーカーが多い型番です。

特に人気のモデルは574と呼ばれるモデル。

価格も安く老若男女多くの人に履かれています。

今回紹介するのはそんな人気モデルとは程遠く履いている人もほとんどいないニューバランス585と呼ばれるモデルです。

ニューバランス585と574のヒール

スポンサーリンク

ニューバランス585は580のベースのモデル

ニューバランスの585は日本ではそれほど多く販売されていません。

しかし、580というモデルであれば聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。

2000年にミタスニーカーズ(東京にある有名なスニーカーショップ)とのコラボで初めて発売されたのが「MT580」というモデル。

その後改良を重ねリブライトと呼ばれる新しい技術が搭載され「MRT580」として様々なコラボスニーカーを誕生させてきました。

その「580」というモデルのベースとなっているのが今回紹介している「585」になります。

見た目はかなりボリュームがある

ニューバランス585

585はニューバランススニーカーの中でもボリュームのあるモデルです。

特にソールには「Rollbar(ロールバー)」と呼ばれる頑丈でタフな技術が使用されています。

500番台の中でも人気の574と比べてもその差は明らかです。

ニューバランス585と574

上585、下574

横から比較するとソールが目立ちかなりゴツゴツした印象になりますが、真上から見ると実は結構細身だったりもします。

こちらも574との比較です。

ニューバランス585と574上から

左585、右574

M585はアメリカ製

ニューバランス585シュータン

ニューバランスのスニーカーにはUSA製やUK製の高価なモデルと中国やベトナム製の安価なモデルが存在しますが585はUSA製の高価なモデルに分類されます。

目安の価格としては20,000円前後だと思って下さい。

ちなみに585をベースに誕生した580はアジア製なので安価なニューバランススニーカーに分類されます。こちらはだいたい10,000円~15,000円前後です。

2016年にはDANNER(ダナー)とのコラボモデルが誕生

2016年にファッション業界で大きな話題となったニューバランスとアメリカのワークブーツブランドのDANNER(ダナー)のコラボ。

そのコラボスニーカーに採用されたのが585でした。

ワークブーツブランドらしい男っぽいデザインとゴツゴツしたシルエットの585がとても良くあっています。

在庫切れ続出のモデルで、いま新品を購入するとなるとなかなか高額になってしまうでしょう。

まとめ:585はゴツいシルエットと個性的な履き心地

このページでニューバランスの585がゴツゴツしてボリュームのある見た目ということはわかったと思います。

肝心の履き心地に関してですが、ぼくの意見としては

硬めで履いた時のガッチリ感が凄い

585の履き心地は見た感じの期待通りかなり安定感があります。

人気の996などの990番台に比べるとクッション性はないかもしれませんが、その分安定感は勝っています。

実際に履いてみると普通のスニーカーとは全然違うことがわかるのでぜひ一度履いて見て下さい!