ニューバランスのスニーカーは価格もバラバラで初めて購入する人には分かりづらい仕組みです。当サイトでは似ている品番の比較や品番の意味を誰でも理解できるよう解説。ニューバランス初心者から上級者まで楽しめるサイト作りを心掛けています。

ニューバランスの選び方

【NB1】ニューバランスのカスタムサービスを体験!!気になる価格やカスタム可能な品番とは?

NB1ネット

2017年9月、ついにニューバランスからカスタムスニーカーのサービスがスタートしました。

アメリカでは何年も前からあった「NB1」というサービスで、アジアでは今回の日本が初めてです。

インターネット上でカスタム可能なほか、原宿・六本木・銀座・札幌・大阪・藤井大丸のニューバランスショップでもサービスを利用できます。

スポンサーリンク

「NB1」の価格は?

ニューバランスのスニーカーには多くの品番がありますがNB1でカスタム出来るのは現在の所、4種類となります。

  • 998:29,800円~33,000円
  • 990:29,8000円
  • 574:26,000円
  • 300:26,000円

ニューバランスにはアメリカ製の高価なスニーカーとアジア製の安価なスニーカーがありますが「NB1」でカスタム出来るのはアメリカ製の高価なスニーカーです。

そのため26,000円からとスニーカーにしては高額な価格設定となります。

ちなみに日本で多く履かれているML574やMRL996はアジア製(中国やベトナム製)の為、価格が安いです。

カスタム可能な品番

574:26,000円

ニューバランス574

カスタム可能な品番の中で一番日本人に馴染み深いのが574だと思います。

ただ、日本で販売されている574はほとんどがML574かMS574というアジア製のスニーカー。

NB1のアメリカ製のハンドメイドで作られるUS574とは見た目は同じでも作りのクオリティが違います。そのため価格も高額です。

574はポテっとした丸みのあるフォルムでニューバラスらしい見た目が特徴。

ソールはゴツゴツしており安定感のある履き心地です。

990:29,800円

990はウォーキングシューズと街履きの間のようなデザインで好き嫌いが別れます。

少し履きこなすのが難しい靴かもしれません。

ただ、ニューバランスの中でもかなり最新のスニーカーで、履き心地はとても優れています。

ちなみにぼくも早速「NB1」を利用しましたが、カスタムして注文したのは990です。

カスタムした990を見る

998:29,800円~33,000円

M998CSAL

998はアメリカ製でニューバランスのスニーカーの中でも高額な部類に分けられます。

履き心地はクッション性が強く見た目はソールにボリュームがありシルエットは細身です。

日本で一番人気のある996と比べるとサイドのNマークが小さいことが特徴的。

細かく比較した記事もありますので気になる方はチェックしてみて下さい。

29,800円~33,000円と価格に幅があるのは生地の違いによるもので、メッシュの生地とスウェードの生地どちらかを選ぶようになっています。

もちろんメッシュが29,800円でスウェードは33,000円です。

998メッシュスウェード

300:26,000円

ニューバランス300

2017年の「NB1」スタート時にはカスタム可能モデルではなかった品番です。2018年に新しく追加されました。

300は一般的なニューバランススニーカーと比べるとローカットなため何にでも合わせやすい靴と言えます。

通常店舗で販売されている300はUK製かアジア製がほとんどで、USA製の300はおそらくNB1だけでしか作れないでしょう。

履いている人が少ない品番でもあるので人とかぶるのが嫌な人にはオススメです。

カスタムする前に知っておきたいこと

実際に4種類のモデルをカスタムしてみましたが、モデルごとにカスタムの仕様が異なることが分かりました。

特にソールの仕様は大きいです。

574では選べるソールの種類が5種類なのに対して998は4種類、990は3種類、300は2種類です。

574、998では少し変わったソールの種類を選ぶことが出来ます。

ニューバランスカスタムソールの違い

一度カスタム画面へ行って比べてみると分かりやすいです。もちろんネット上でカスタムするだけなら無料です。

998と300はウィズが選べない

靴には長さのサイズの他にウェズという足の幅のサイズがあります。

998と300ではDというサイズのみしか選択できませんが、574と990はDの他に2Eというサイズを選択することが出来ます。

Dよりも2Eの方が大きなサイズです。

Dでも問題なく履けると思いますが、日本人は幅広の足の人が多いと言われています。そのため「2E」の方が窮屈なく履ける人が多いかもしれません。

ヒールに入れるサインは平仮名・カタカナはNG

ニューバランスのカスタムスニーカーにはヒール部分に自分の好きな文字を入れることができます。

ヒールに文字

この文字ですが平仮名やカタカナには対応していません。

数字とアルファベットの入力が可能となっています。

スマホよりもPCのほうが「楽」

ニューバランスのカスタムサービスはパソコンでもスマートフォンでもどちらでも利用することが出来ます。

しかし、スマホ・パソコン両方のサービスを利用してみて、明らかにパソコンでのほうがカスタムが楽だと感じました。

スマートフォンでは色の選択などとても操作しづらく反応も遅いです。

今後改善していくとは思いますが現在ではパソコンでサービスを利用することをオススメします。

【カスタム例】こんな配色がカッコイイ!!

スニーカーのカスタムは正直時間を忘れる位楽しいですw

様々な方法でカスタムしてみましたので、これからNB1を利用する方は参考にしてみて下さい。

半分色を変える

ニューバランスカスタムハーフカラー

珍しい配色で人とカブることもなさそうなスニーカーが出来上がります。

つま先とNのマークをグレー、つま先から後ろを青で仕上げました。

単一色

ニューバランスカスタム単一カラー

一つの色に統一することで、ありそうでなかったニューバランススニーカーを作ることが出来ます。

画像のように一箇所だけ(ソールだけブラック)違う色を使用するのもオシャレです。

カラフル

NB1ネット

一般的には絶対販売されなそうなデザインです(笑)

NB1でしか購入することの出来ないスニーカーでしょう。

期間限定で割引もあります

※終了しました

2017年10月12日の15時までキャンペーンが行われており、NB1デザインコンテストに参加すると10%の割引があります。

どの品番を選んでも2,500円以上の割引があることになるので、出来れば参加したいキャンペーンです。

詳しくはニューバランス公式サイトよりご確認下さい。

実際にカスタムした990

以下、ぼくがカスタムした990です。

白を基調として、ありそうでないデザイン、どんな服装にも合わせやすいようにカスタムしました。

NB1ニューバランスカスタム

NB1ニューバランス990

NB1ニューバランス990

ヒール部分には好きな文字を入れることが出来ます。

今回はカスタムした日にちの「0928(9月28日)」の数字を入れてみました。

発注から到着までの期間

ニューバランスのカスタムスニーカーは全てアメリカで生産されます。

そのため注文して届くまでに少し時間がかかります。

今回ぼくが注文したスニーカーは9月28日に注文して10月14日に到着しました。

16日間、約2週間程の期間がかかるようです。

NB1ニューバランスカスタム

NB1ニューバランスカスタム

NB1ニューバランスカスタム

NB1ニューバランスカスタム

NB1ニューバランスカスタム

初めてのNB1にはとりあえず満足

今回初めてカスタムスニーカーに挑戦しましたが、満足のいくスニーカーが作れました。

デザイン、履き心地は期待通りで2足目3足目にも挑戦してみたくなります。

ただ、アメリカで生産されることもありニューバランスのカスタムサービスは価格が高めです。もちろん価格相応の商品ですが、価格がネックで利用しない人も多そうです。