【M990v3】前作から軽量化を実現した11代目ニューバランス990シリーズ | Sagacity(サガシティ)

ニューバランスのスニーカーは価格もバラバラで初めて購入する人には分かりづらい仕組みです。当サイトでは似ている品番の比較や品番の意味を誰でも理解できるよう解説。ニューバランス初心者から上級者まで楽しめるサイト作りを心掛けています。

ニューバランスの
選び方

【M990v3】前作から軽量化を実現した11代目ニューバランス990シリーズ

ニューバランスM990v3

常に最高の履き心地を求めるニューバランスファンを納得させたM990v3。

990シリーズの11代目、そして990のバージョン3ということで発売当初も大きな話題となりました。

  • 2012年発売
  • 生産国:アメリカ
  • 発売価格:23,000円

アメリカ製のモデルとして当時のニューバランスの最新の技術が使用された贅沢なスニーカー。

独特なハイテクデザインは今でも人気で、990シリーズの最新モデルであるM990v4が誕生した今でもM990v3を好んで履いている人も多いほどです

スポンサーリンク

前作「993」よりも軽量化に成功

M990v3の一つ前のモデルは993です。

993は歴史あるニューバランススニーカーの中でも特に人気だったモデル。

そのため、その後継機となるM990v3もかなり期待された一足でした。

993から990v3に進化する上で特に注目されたのが「軽量化」。

新たに誕生した990v3では「レブライト」と呼ばれるニューバランスの代表的なテクノロジーが搭載されました。

レブライトは軽量化を重視するモデルに多く搭載されているテクノロジーです。

レブライトを搭載した結果、見事993よりも10グラムの軽量化に成功しました。

ニューバランスM990v3

もちろん進化したのは軽量化のみならず、耐久性やクッション性も向上しています。

993と比べても靴としてワンランク上にグレードアップされたシューズです。

ハイテク感が強くカジュアルなデニムと相性が良い

ニューバランスM990v3とデニム

ニューバランスM990v3とデニム

ボリュームのあるシルエットとハイテク感の強いデザインが特徴的でコーディネートのハズしとしても履かれることが多いです。

ちなみにぼくは画像のようなカジュアルなデニムと合わせることが多く、いまも結構な頻度で履いています。

NB1ニューバランス990

990v4にはない独特な網目調のシュータンも人気の一つです。

990v3はカスタム可能なモデルでもある

実はニューバランスにはカスタムスニーカーサービスが存在します。

【NB1】ニューバランスのカスタムサービスを体験!!気になる価格やカスタム可能な品番とは?

「NB1」と呼ばれるサービスで好きな品番を選んで全体の配色はもちろん、細かいパーツの配色も自分好みにカスタム出来ます。

NB1ニューバランス990

NB1でカスタム出来るスニーカーは現在の所、4種類あります。

その中の一つがこのページで紹介している990v3なのです。価格は29,800円。

通常のグレーやネイビーも良いですが、自分好みの世界で一足のスニーカーが欲しい人にはおすすめのサービスです。

ちなみにNB1は日本では2017年にスタート。

サービスがスタートした当初は574、998、990v3の3種類がカスタム可能となっていました。

サービススタート前の事前アンケートで一番人気のなかったモデルが990v3でもあります(笑)

ネットで探すと15,000円前後でもある

発売当初は20,000円超えが当たり前でしたが今では探せば15,000円前後でも購入可能です。

もちろん全てが安いわけでなく、過去のモデルということで逆にプレミアが付いている場合もあります。

個人的な意見ではありますが日本では結構高値な印象でアメリカやイギリスでは安値で取引されている印象です。

ニューバランスの特徴である「履き心地の良さ」を体感するには十分なモデル。

まだ履いたことのない人はぜひ履いてみて下さい!!