ニューバランス「996」と「1400」の違いは!? 徹底的に比べてみた結果

996と1400違い

ニューバランススニーカーの中でも1番人気のあるモデルと言っても良い「996」とお洒落な人に多く履かれている「1400」。

この2つのモデルにはどんな違いがあるのでしょうか。

実際に「見た目」や「履き心地」を比較してこのページでまとめてみます。

ちなみに、

  • 996はロードランニングモデル(平らな道を走るためのモデル)
  • 1400はフラッグシップモデル(当時のニューバランスの最新の技術が詰め込まれているモデル)

このような明確な違いがあります。

見た目は似ている2つのスニーカーですが自分に合うほうが必ずあるはずです。

様々な角度から比較して最適なほうを選んで下さい!

※1400は2018年春夏で生産が中断されるそうです

ニューバランス996と1400の違い

ニューバランス996と1400違い

デザインは似ている

ニューバランス1400とニューバランス996の見た目はとても似ています。

ニューバランスのスニーカーに詳しい人でなければ見分けるのはとても難しいでしょう。

簡単な見分け方としては、下の画像の赤丸部分です。

ニューバランス996、1400違い

上996、下1400

細かい箇所ですがここだけを注目して見るとすぐに2つのモデルを見分けることが出来ます。

1400はUSA製のみで高額

ニューバランス996には、主に3つの種類が存在します。

  • MRL996
  • WR996
  • M996

それぞれ生産国が違いそれに伴い価格も変わってきます。

そのため996は10,000円前後~25,000円前後と価格帯が幅広いです。

996について詳しく知りたい人は以下の記事を読んで下さい。

996は価格帯の幅が広いですが反対にニューバランス1400は基本的にはアメリカ産一択です。

そのため安価なモデルが存在する996とは違い1400には高額なモデルしか存在しません。

目安の価格としては20,000円~30,000円。

ニューバランスと言うよりは様々なブランドを含めたスニーカー全体としても高額です。

ニューバランスM1400の価格を見る

 

1400の方が履いている人が少ない

996はニューバランスを履く人の半分以上が履いていると言われています。

1400も多くの人から支持されていますが人気は996ほどではありません。

理由はおそらくですが価格帯。高額な1400よりも安価なモデルが存在する996のほうが当たり前ですが購入もしやすいです。

その結果996よりも1400のほうが履いている人が少なくなっているでしょう。

定番のものが好きだったり、みんなと同じものが好きな人には996がおすすめ。

1400は他の人とは同じ靴を履きたくない。そんなこだわりのある人におすすめです。

履き心地は996がクッション性、1400は安定性

996と1400の靴裏を見てみると大きな違いがありました。

ニューバランス996、1400ソール

上1400、下996

1400の方が明らかにゴツゴツしています。

反対に996の靴裏は平らな作りです。

この靴裏の違いは履き心地に大きな変化をもたらします。

  • 996:柔らかい履き心地。歩いた時のクッション性に優れている
  • 1400:靴底が硬くて安定感のある履き心地。歩いたとき立っているときに足への負担を軽くする

昔は996のほうが好きでしたが最近は安定感のある履き心地にはまってしまい1400のほうをすすめるようになりました。

個人的な意見なので参考程度に聞き流して下さい(笑)

細かい見た目の違い
ベロ(シュータン)部分

1400はベロ(シュータン)部分の「MADE.IN.USA」の記載が数字の上にあります。

ニューバランス1400ベロ

反対に996は数字の下に「MADE.IN.USA」あります。 

ニューバランス996ベロ

正直それがどうしたって言うレベルの違いです。見分けるときにそんなのあったなーと思い出して下さい(笑)

日本人の足にあっているのは1400

知らない人も多いですが1400の開発には実は日本が大きく関わっています。

理由は1400が日本人の幅広の足に合うスニーカーだからです。

詳しくは以下の記事でまとめてあります。

よく比較される2つのスニーカーですが日本人の多くにフィットするのは1400かもしれません。

個人的には予算のある人には1400をおすすめしたいです。

スポンサーリンク