ニューバランスのスニーカーは価格もバラバラで初めて購入する人には分かりづらい仕組みです。当サイトでは似ている品番の比較や品番の意味を誰でも理解できるよう解説。ニューバランス初心者から上級者まで楽しめるサイト作りを心掛けています。

ニューバランスの
選び方

USA、UK製のニューバランスについて

ニューバランスのスニーカーは生産している国の違いで、価格や使用されている生地や素材が異なります。

アメリカ、イギリス製のスニーカーは価格が高いですが、それにはしっかりとした理由が存在するのです。

ニューバランスUSA製

アジア製は限りなくライン作業、USA、UK製は手作業

中国などアジア製のスニーカーは工場のラインで生産されています。

つまり、大きな機械を使って大量生産してコストを下げることでスニーカーを安く販売しているのです。

反対にUK、USA製のニューバランスは手作業の工程が多く、コストが高くなります。

そのため販売価格も高くなるのです。

ちなみに中国産だからと言って手を抜いていないのがニューバランスの良い所で、中国にある工場も自社のもの。

つまり、ブランドの品質を守るために他の企業にスニーカーの生産を外注せず、あくまでも自社でスニーカーを生産しているのです。

アメリカ・イギリス製ではなく安価なアジア製のニューバランスも人気がある理由がなんだか分かる気します。

 

1つのチームから完成する上質なスニーカー

ニューバランスのアメリカ・イギリスのスニーカーは一つのチームから完成されます。

そのチームにはスニーカーの品番(990や574)のような数字の名称が付けられており、中でも特別なチームが、

「チーム32」です。

このチーム32はニューバランスの中でも特別なシューズを作っている集団で、限られたメンバーしか入ることが許されません。

 

過去のスニーカーには生産したチームが分かるカードが付属

ニューバランス制作チーム

今ではありませんが、過去のニューバランススニーカーには、このようなカードが付属されていました。

画像を見ると分かりますが、「TEAM No.37」と書かれています。

TEAM37が作ったスニーカーが入っているということです。

これが上質なスニーカーになるとTEAM32になります。

 

USA・UK製スニーカーに使用されるレザーの質

ニューバランスホーウィンレザー

一般的にレザーの質のランクは4種類あると言われています。

それぞれ耐久性などに違いがあり、以下のように別れます。

上からランクの高い順です。

  1. ソファー、車のシート
  2. アパレル
  3. バッグ

ニューバランスのUSA・UK製のレザースニーカーには「4」の靴ではなく、最低でも「3」のバッグに使用されるレザーが使われます。

そのため、ニューバランスのレザースニーカーは他ブランドの革靴よりも上質なレザーが使用されていることも少なくないのです。

 

日本では選ばれたお店でしかUSA製を扱えない

ニューバランスのスニーカーはショップによって商品の品揃えが大きく異なります。

その理由は、日本のニューバランス正規店では簡単にUSA製・UK製のスニーカーを販売することが出来ないから。

販売力や店のコンセプトをニューバランスジャパンからチェックされ、評価の高いショップでしか販売することが出来ないのです。

その評価制度を嫌い、今では正規ではなく並行輸入でニューバランスを販売しているショップも少なくありません。

 

UK製では新しい品番の生産は行っていない

UK製のニューバランスは高級感あるデザインが特徴で、M1500やM576など人気の品番を多く生産しています。

ニューバランスM576

ニューバランスM576

ニューバランスM1500

M1500M576も今ではUK製が当たり前ですが、元々はUSA製、つまりアメリカで生産されていたモデルです。

イギリスの工場では新しい品番の生産は行っておらず、既存の品番の生産しか行っていません。

新しいモデルの開発・生産はアメリカの工場で行い、そこからイギリスでも生産する品番がたまにあるという感じです。

ニューバランスのファンにはUSA・UK製にしか興味がない人も多いです。

もちろんアジア製のニューバランスも悪いわけではありませんが、これだけ違いがあることを知るとMADE IN USA・UKを履いてみたくなるのではないでしょうか。

まだアジア製のニューバランスしか履いたことのない人は一度検討してみてください!