LINE@にて最新入荷情報発信中!!

サーフ系ブランド16選!!大人のメンズにオススメの人気ブランド

スポンサーリンク

サーフ系ブランド

サーフ系ブランドと言うと、少し子供っぽいブランドから大人で格好良いサーフ系ブランドまで様々です。

価格帯もデザインも種類はたくさんありますが、どんな人でもどうせ着るなら格好良くてオシャレなサーフ系ブランドが良いはず。

このページでは大人でも似合うサーフ系ブランドを紹介。

ダサくなりがちなサーフ系ファッションですが、このページで紹介しているブランドは比較的大人に見えるブランドなので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Saturdays NYC(サタデーズサーフニューヨーク)

最初に紹介するサーフ系ブランドは「サタデーズサーフニューヨーク」です。

 

SATURDAYS NYCさん(@saturdaysnyc)がシェアした投稿

2009年にアメリカのニューヨークで生まれたサーフ系ブランド。

まだ新しいブランドですが、既に日本で人気があります。

デザインがシンプルなため飽きの来ないアイテムが多いです。

多くの雑誌に掲載されており今後も人気は続くでしょう。

また、近年サタデーズサーフニューヨークのアイテムが日本で少しずつ安くなってきています。

シンプルなサーフ系を目指す人にはチャンスです!

サタデーズサーフニューヨークの価格帯はこちら

 

SALT SURF(ソルトサーフ)

こちらもアメリカニューヨークで生まれたサーフ系ブランド。

ソルトサーフ」です。

 

最初に紹介したサタデーズサーフニューヨークと同じで、シンプルで飽きの来ないデザインが特徴。

日本に上陸したのが、最近の為まだ着ている人も少ないブランドです。

ごちゃごちゃしたデザインのサーフ系Tシャツが苦手な人には特におすすめ出来るブランド。

ただ、価格帯は安くないので、同じようなデザインで安価なブランドを探している人は最初に紹介した「サタデーズサーフニューヨーク」のほうが良いでしょう。

ソルトサーフの価格帯はこちら

 

LIGHTNING BOLT(ライトニングボルト)

日本でもお馴染みのサーフ系ブランド「ライトニングボルト」です。

こちらもアメリカ発のサーフ系ブランド。

全体的に価格が安いブランドのため、誰にでも手をしやすいです。

ライトニングボルトはTシャツやパーカーもおしゃれですが、ぼくのオススメはハーフパンツ。

サーフ系ブランドらしい、短い丈がとても気に入っています。

ライトニングボルトの価格帯はこちら

 

TAILGATE(テイルゲート)

アメカジよりのサーフ系として人気の「テイルゲート」です。

 

Tailgate Clothingさん(@tailgate)がシェアした投稿

こちらもアメリカニューヨークで生まれたブランド。

 

黒屋すすむ
黒屋すすむ

サーフ系ブランドはやっぱりアメリカが強いです!

 

テイルゲートの定番アイテムはとにかくTシャツ。

デザイン性の高いTシャツは常に人気です。

メンズファッション誌サファリでの掲載が多く、設立者はジェイ・クルーやラルフローレン等で経験を積んでいます。

テイルゲートの価格帯はこちら

 

BIRDWELL(バードウェル)

歴史あるサーフ系ブランド「バードウェル」。

ハンドメイドのアイテムはどれも愛用者を虜にさせます。

バードウェルは1961年に設立された、アメリカ カリフォルニアのブランド。

特徴は昔から変わらないモノ作りです。

一点一点オールハンドメイドで作られており、現在でも熱狂的なファンが多くいます。

日本では販売自体も少ないブランドなので、気に入ったアイテムを見つけたら早めの購入がおすすめです。

バードウェルの価格帯はこちらから

 

TMT(ティーエムティー)

日本でも人気のあるブランド「TMT」です。

1999年に設立され、当時から人気のあるブランドです。

個人的にTMTのおすすめアイテムはTシャツとデニム。

Tシャツはサーフライクなデザインが多く、デニムは男らしいシルエットが特徴。

どちらもTMTの定番アイテムです。

TMTの価格帯はこちらから

 

Altru(アルトゥルー)

ヴィンテージ感たっぷりのTシャツが人気の「アルトゥルー」です。

 

Altru Apparelさん(@altruapparel)がシェアした投稿

アルトゥルーはロサンゼルス発のブランド。

Tシャツやスウェットなどヴィンテージ感たっぷりのアイテムはどれも人気があります。

ちなみに、ブランドを設立したのは、なんと1組のカップル。

そのため、男性ウケも女性ウケ狙えるアイテムが揃っています。

アルトゥルーの価格帯はこちらから

 

YELLOW RAT(イエローラット)

シンプルでレトロなデザインのアイテムが多い「イエローラット」です。

イエローラットはカリフォルニア発のブランドですが、日本人のデザイナーによりスタートされたブランド。

1950年代~1960年台のサーフカルチャーをベースに様々なアイテムを展開しています。

シンプルなアイテム、少しデザインの入ったアイテム、どちらのアイテムもあるので幅広い層から人気のあるブランド。

また、全てのアイテムをアメリカで生産していることも特徴の一つです。

イエローラットの価格帯はこちらから

 

DEUS(デウス)

ここ数年日本では定番のファッションブランドとなっている「デウス」です。

デウスは2006年にオーストラリアでスタートしたブランド。

日本でも年々人気が高まっており、世界的に見てもとても勢いのあるブランドです。

サーフィン、モーターサイクル、スケートボードなどをベースに様々なアイテムを展開しています。

価格がそれほど高くないことも魅力の一つです。

デウスの価格帯はこちらから

 

Pilgrim Surf+Supply(ピルグリムサーフ+サプライ)

アメリカと東京に店舗を構えている「ピルグリムサーフ」です。

ピルグリムサーフは日本では、東京のショップの他、ビームスでも取扱があります。

ファッションに強い関心のある人からとても人気のブランドで、今後が楽しみなブランドの一つです。

サーフライクでありながら、都会的なデザインは他のブランドにはない特徴でしょう。

ピルグリムサーフの価格帯はこちらから

 

Ron Herman(ロンハーマン)

日本では定番中の定番のブランド「ロンハーマン」です。

 

Ron Hermanさん(@ronhermanstore)がシェアした投稿

ロンハーマンは大人サーフ系の代表ブランドと言って良いでしょう。

意外と知られていないのがロンハーマンはブランドとしてではなく、セレクトショップとして始まっていると言うことです。

ロンハーマンは最初、世界中の高品質でオシャレなアイテムだけを集めるセレクトショップだったのです。

今でもセレクトショップには変わりありませんが、昔はロンハーマンというオリジナルブランドは存在していませんでした。

ロンハーマンにはおしゃれなブランドがたくさんあるので、ファッションに興味を持ち始めた人は一度足を運んで見る価値はあると思います。

ロンハーマンの価格帯はこちらから

 

DtE in California(ディーティーイーインカリフォルニア)

全てのアイテムをアメリカで生産している「ディーティーイーインカリフォルニア」です。

ディーティーイーインカリフォルニアは名前の通り、カリフォルニア発のブランド。

全てのアイテムをアメリカで生産しているだけでなく、素材や着心地にも力を入れています。

配色は白、黒、グレーなど飽きのこないものが多め。

さらにデザインもシンプルで、どんな服装にも合わせやすいことが特徴です。

ディーティーイーインカリフォルニアの価格帯はこちらから

 

THE HARD MAN(ザ・ハードマン)

特にスイムウェアが人気の日本ブランド「THE HARD MAN」。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TRUMPS_hiroshimaさん(@trumps)がシェアした投稿

ファッションシーンではそれほど知名度はありませんが、サーフシーンでは定番のブランド。

Tシャツやスイムウェアのデザインはヴィンテージ感たっぷりで、シンプルです。

そのため、ザ・ハードマンのアイテムは長く使えるものが多い印象。

THE HARD MANの価格帯はこちらから

 

ALOHA SUNDAY(アロハサンデー)

メンズファッション誌、サファリでも取り上げられることの多いブランド「アロハサンデー」です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Aloha Sundayさん(@alohasunday)がシェアした投稿

アロハサンデーは2011年にカリフォルニアでスタートしたブランド。

アイテムは白、黒、ネイビーなどシンプルで何にでも合わせやすい色合いのものが多いです。

ハワイアンファッションとカリフォルニアンファッションを融合したスタイルで、独自の世界観でブランドを展開しています。

アロハサンデーの価格帯はこちらから

 

Patagonia(パタゴニア)

日本のみならず、世界中で定番のファッションブランド「パタゴニア」です。

 

Patagoniaさん(@patagonia)がシェアした投稿

常に人気のブランドではありますが、2017年以降は特に人気が高くなりました。

パタゴニアの主力アイテムであるバギーパンツ(シルエット太めのショートパンツ)が流行し、メンズファッション誌でも大きく取り上げられています。

このページで紹介している他のブランドに比べて、取り扱いしている店舗が多く、購入のハードルが低いです。

パタゴニアの価格帯はこちらから

 

muta marine(ムータ マリン)

派手なデザインが好きな人におすすめのブランド「ムータ」です。

個性的なデザインが特徴的なmuta。

百貨店での取り扱いが増えており、徐々に人気を集めています。

2017年ごろからマリンスポーツのウェアの中では定番のブランドになった印象です。

ムータの価格帯はこちらから

 

大人の男性に合うサーフブランドまとめ

今回は大人の男性にオススメのサーフブランドを紹介しました。

驚くことに、ほとんどがアメリカのブランド!!

大人の男性に似合うサーフ系ブランドは、日本発のものはとても少ないようです。

サーフ系ファッションは一歩間違えると本当にダサくなってしまいます。

おしゃれなブランドを知っておくだけでも他の人と差をつけられるでしょう!

 

黒屋すすむ
黒屋すすむ

サーフ系ファッションについては以下の記事もおすすめです!

 

【メンズ】サーフ系は意外と難しい?脱ダサいサーフ系ファッションを目指す
...
サーフ系ファッションに定番のアイテム7選!!購入する時のコツと詳しい使い方
...
メンズ チェックシャツ|おすすめのブランドとチェック柄の種類について
...
【ロンハーマン風】今人気のベイフローがどんなブランドなのか調べてみた
...