Youtubeスタート!
愛用しているものを詳しくレビューしています!

丁度良い大きさのDaniel&Bobのショルダーバッグ。シンプルでいつまでも愛用したいぼくのレザーアイテム

イタリアのレザーバッグブランド「Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)」。

実はこのブログで全く紹介していませんでしたが、ぼくには7年以上愛用しているダニエル&ボブの鞄があります。

それがこちら。

Daniel&Bobのショルダーバッグ

丁度アイアパッドミニが入るほどの小さな鞄です。

Daniel&Bobのショルダーバッグの見た目

このショルダーバッグ、見た目はかなりシンプル。

ただ、レザーバッグでデザインに高級感があるため、アウトドアファッションやアウトドアシーンには合わせにくいアイテム。

Daniel&Bobのショルダーバッグ

ぼくはこのバッグは白、黒、グレーを基調としたコーディネートと合わせることが多いです。

また、秋冬にはバブアー着用時に必ずと言って良いほど持ち歩きます。

Daniel&Bobのショルダーバッグ

カジュアル過ぎるコーディネートの場合は使えませんので万能とは言えませんが、自分の生活には欠かせないアイテムです。

いつも入れているモノ

Daniel&Bobのショルダーバッグ

  • コンデジ(SONY RX100Ⅲ)
  • iPad mini
  • サングラス(Ray-Ban CLUM MASTER)
  • イヤホン(Beoplay E8 3rd Gen)

収納部分

このバッグの収納部分は全部で3箇所あります。

まずは一番大きなメインの場所と内側のポケット。

Daniel&Bobのショルダーバッグ収納部分

さらに、外側にも一つポケットが付いています。

Daniel&Bobのショルダーバッグ収納部分

ちょっとしたものを入れるのに適したサイズ感で本当に丁度良い大きさです。

クラッチバッグが流行している時代に発売されたバッグ

1990年代、男性が持つ鞄はセカンドバッグが圧倒的な人気でしたが、2000年ごろにはセカンドバッグイコールおじさんというイメージで人気は低迷。

しかし、その後クラッチバッグと名前を変えて2010年頃から再びセカンドバッグの人気が再来しました。

現在(2021年)はクラッチバッグの人気もなくなり、ほとんど持ち歩いている人はいないです。

実は今回紹介しているダニエル&ボブのバッグはクラッチバッグの人気が絶頂期の時に発売され、購入したのも。

そのためか、ストラップ部分が外れる仕様になっています。

Daniel&Bobのクラッチバッグ

ストラップを外すとクラッチバッグとしても使用可能なのです。

購入当時はクラッチバッグが人気だったため、こんな使い方もしていましたが、今ではショルダーバッグとしてしか使っていません。

個人的にはクラッチバッグはとても使い辛く、いくら流行しても使いたくないくらいです(笑)

高級感ある黒レザーのバッグは長く使える

7年以上前に購入したダニエル&ボブの鞄ですが、今でも現役で使えているのは、デザインがシンプルでカラーが定番のブラックだからこそ。

Daniel&Bobのクラッチバッグ

個人的にシンプルで長く愛着を持って使えるアイテムが大好きなので、この鞄もぼくの大切な愛用品の一つです。

既に7年以上使愛用していますが、まだまだ使い込む予定。

いつまで愛用できるのか今から楽しみです。

Olaf Hussein(オラフハンセン)のトートバッグ購入、使い所満載のラフな鞄
オランダ アムステルダム発のアパレルブランド「Olaf Hussein(オラフハンセン)」。大容量で何でも入れられる鞄を探していた時に見つけたブランドです。この鞄、かなり簡易的ですが本当に便利。そして、自分の好みのファッションにも...
MacBook16インチがすっぽり入る、Aerエアーの便利なバックパックをレビュー
仕事でも愛用しているMacBook Pro16インチ。大きなディスプレイで出先でも写真加工や動画編集がストレスなく行えるぼくの大切な仕事道具です。ただ、MacBook Pro16インチは、サイズが大きいため使えるカバンが限られます。...