革靴なのにスニーカーを履いている気分!!実は様々なブランドから発売されている革靴スニーカー

革靴とスニーカーここ数年スーツ離れが進んでおり、それに合わせてビジネスシューズ(革靴)の愛用者も少なくなっています。

以下の記事では「お気に入りのシューズが革靴からスニーカー」へ変わった人の多さがわかるデータを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

スニーカーを履く人は増えている?!5年前と今のデータを比較すると面白い結果になった
ナイキ、アディダス、ニューバランスなどの人気スニーカーブランドを筆頭に、スニーカーを履く人は年々増えていると言われています。 では実際に過去と比べて、スニーカーを履く人がどれだけ増えているのか。少し気になったので、ネットでデータを調べてみ...

ちなみに以下は総務省調査の一世帯当たりのスーツにかかる出費額。

  • 2000年:8,782円
  • 2008年:6,807円
  • 2016年:4,262円

スーツにかける金額がだんだんと少なくなってきていることが明確に分かります。

これらのデータからスーツを着る人が少なくなってきてることは確実です。

ただ、スーツを着る人が少なくなっても、今後もスーツ着用が義務の企業はいくらでもあります。

そして、スーツ同様にビジネスシューズ(革靴)の着用も0になることはないでしょう。

ビジネスシューズは時代とともに変化してきており、ただ単に高級感のあるレザーが使用されているだけではなく最近では履き心地にも特徴があるレザーシューズが増えてきています。

特にビジネスマン向けに生産されているスニーカーの履き心地をしたレザーシューズは大変人気で様々なブランドから販売されています。

このページでは革靴の見た目でスニーカーに近い履き心地のシューズを5つ紹介。

気になるシューズがありましたらチェックしてみてください。

スポンサーリンク

アシックス|テクシーリュクス

  • 目安価格:5,000円~16,000円
  • 種類豊富
  • 日本ブランド

日本のスポーツブランドのアシックスが展開しているビジネスシューズ。

古くからスニーカーの履き心地を強く売り出しているので、今ではビジネスマンには定番のシューズとまでなりました。

テクシーリュクスの人気の理由にはスニーカーの履き心地だけではなく、お財布に優しい価格帯と日本人の足にフィットしやすいシルエットがあります。

日本人の足は横幅が大きいと言われていますが、アシックスは日本のブランドなので、横幅の大きい人でもフィットするシルエットでシューズが作られています。

さらに、デザインの種類が豊富でファッション性の高いシューズから年配の方に人気のデザインのシューズまで幅広く販売されています。

クオリティと価格を考えるととてもコストパフォーマンスに優れたシューズだと言えるでしょう。

texcy luxe(テクシーリュクス)|スニーカーの履き心地を実現したハイテクビジネスシューズの種類一覧
テクシーリュクスはアシックスから販売されている、革靴の見た目でスニーカーの履き心地を実現したビジネスシューズ。 2009年に発売がスタートして、今ではビジネスマンの定番シューズにまでなっています。 アシックスのテクシーリュクスは...

 

コールハーン|ゼログランド

  • 目安価格:20,000円~50,000円
  • 種類豊富
  • アメリカ生まれのブランド

機能性重視のシューズを多く展開しているコールハーン。

そのコールハーンの一押しシューズがゼログランドシリーズです。

元々ビジネスシューズをソールだけスニーカー仕様に変えたシューズを開発しており、革靴の見た目でスニーカーの履き心地のシューズの代表格のブランドと言えます。

さらにシューズ自体が300グラム以下のモデルも多く、軽さも一つのの特徴です。

また、デザインはファッション性が高く、メンズファッション誌でも常に紹介されています。

ただ、先に紹介したアシックスのテクシーリュクスより価格は高め。

ファッションにこだわりのある人におすすめのシューズです。

 

グレンソン|ARCHIE(アーチー)

  • 目安価格:30,000円~80,000円
  • ウィングチップ
  • 日本ブランド

グレンソンはイギリスの歴史あるブランド。日本ではあまり馴染みのないブランドですが、ニューバランスとコラボするほど世界的に有名なブランドです。

グレンソンのARCHIE(アーチー)と呼ばれるモデルはブランドの中でも特に種類豊富なシリーズ。

ウィングチップの見た目にスニーカーのソールを搭載したハイブリットシューズは特に人気で、見た目にも履き心地にもこだわる人にはおすすめです。

 

ビルケンシュトック|Gilford(ギルフォード)

  • 目安価格:約23,000円
  • 種類少なめ
  • ドイツブランド

ビルケンシュトックはドイツで生まれたブランドで日本でもとても人気があります。

ただ、ビルケンと言うとサンダルをイメージする人が多く、レザーシューズを販売していることを知らない人も多いです。

ビルケンのシューズの中でGILFORD(ギルフォード)というモデルはビジネスとプライベートどちらでも合わせることが出来る万能シューズ。

履き心地も一般的なレザーシューズよりはスニーカーに近いです。

ビルケンなので価格は安いとまでは言えませんが、手が出せないほどでもありません。

ファッションに関心のある人や人とは少し違ったシューズが好きな人にはおすすめです。

 

MANEBU(マネブ)|HIHIN(ヒヒン)

  • 目安価格:約20,000円
  • カジュアル重視
  • 日本ブランド

MANEBU(マネブ)は日本のシューズブランド。

ブランドコンセプトが遊びと仕事の垣根を持たない、楽しむことに貪欲なちょっと不良な大人。 

と言うことで、シューズもラフすぎずかっちりしすぎないデザインで少し個性的。

シンプルの中にも少し個性が欲しい人にはおすすめのシューズです。

 

以上5つのシューズを紹介しました。

近年のシューズは見た目以外にも履き心地や機能性が重視されたものが増えています。

意外と自分の足に合ったシューズを履いている人は少ないので、じっくりどのシューズが合うか探してみてください。

自分の足に合った靴を選びたいので、まずは土踏まずや足の指について色々調べてみた
「足」は体全体を支えていたり、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎがあったりと人間の体の中でも特に重要な部分です。(体に重要ではない部分なんてないと思いますがw) そんな人間の足を守っているのが「靴」。 自分に合った靴を選ぶだけで体の健康...

 

革靴
スポンサーリンク
Sagacity(サガシティ)