ブランド別ダッドスニーカー紹介|ニューバランス、バレンシアガ、アディダスなど様々なブランドから販売スタート

現在、世界中で流行しているDad Sneaker(ダッドスニーカー)。

Dad Sneaker(ダッドスニーカー)と聞いてイメージは付くものの具体的にどんなスニーカーなのか知らない人には以下に説明を加えておきました。

  • Dad=お父さん
  • Sneaker=スニーカー

ダッドスニーカーはお父さんのスニーカー

ファッションアイテムとして流行しているダッドスニーカーですが、実は「お父さんが履くようなダサいスニーカー」そんな意味が込められたスニーカーなのです。

しかし、世界的な著名人が愛用することで、日本でも多くの人が履くようになりました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Balenciagaさん(@balenciaga)がシェアした投稿

このページではダッドスニーカーを流行させたと言っても良いバレンシアガや日本でおなじみのブランドのダッドスニーカーをブランド別に紹介!!

ダッドスニーカーの購入を考えている人は参考にして下さい。

Balenciaga Triple S(バレンシアガ トリプルソール)

まずはダッドスニーカーの流行のきっかけを作ったブランド、バレンシアガから。

世界的な著名人がこのバレエンシアガのトリプルソールを履いたことにより、人気が大爆発。

ファッションシーンで大きな話題にもなりました。

ただ、価格は10万円以上が当たり前。

一般的な収入の人が購入するにはハードルが高すぎます。

 

ニューバランス608

韓国で大ヒットしたニューバランススニーカー。

日本ではこれまで、今のようにはダッドシューズが流行してこなかったので正式には発売されていないモデルでした。

近年のダッドシューズブームにより、日本でも2018年から発売開始。

価格は12,000円前後です。

ニューバランス608|バレンシアガ風のボリューミーなスニーカー
ニューバランス608はもともと韓国のファッションシーンで人気のあったスニーカー。 クラシックなタイプのニューバランスが流行している日本ではまだまだ馴染みのないモデルでしょう。 ちなみにニューバランス608は男性からよりも圧倒的に女性...

 

adidas FALCON(アディダス ファルコン)

レトロなデザインが特徴のアディダスのダッドシューズ。

メンズ・ウィメンズともにカラーが充実しており、好みのデザインを選ぶことが可能です。

カラーリングはどれもレトロで少し奇抜なイメージ。

90年代のファッションシーンをイメージさせます。

 

Adidas By Raf Simons OZWEEGO III(アディダス バイ ラフ・シモンズ オズウィーゴ3)

(アディダス) Adidas by Raf Simons メンズ シューズ・靴 スニーカー Ozweego III Sneakers [並行輸入品]
adidas(アディダス)

アディダスとラフ・シモンズのコラボスニーカーです。

この2つのブランドのコラボスニーカーはファッションシーンでは常に話題で、特にスタンスミスのラフシモンズモデルは多くの愛用者がいます。

これまではあまり注目されていませんでしたが、ダッドスニーカーブームによりオズウィーゴ3というモデルが注目されています。

ちなみに価格はラフ・シモンズコラボモデルのため5万円以上は覚悟したほうが良いです。

 

PUMA THUNDER SPECTRA(プーマ サンダースケプトル)

正直スニーカー市場全体で見るとPUMAはNIKEやアディダス、ニューバランスと比べるとかなり劣っています。

ただ、ダッドスニーカーなど少し特徴のあるスニーカーで意外と力を発揮していくれるのがPUMAです。

PUMAのサンダースペクトラは高級感とレトロなデザインのミックスで他のブランドにはあまり見られない特徴と言えるでしょう。

 

Reebok classic AZTREK OG(リーボック クラシック アズトレック OG)

1992年にリーボックがランニングシューズとして発売したアズトレック。

ダッドスニーカーブームにより、同時のデザインをベースに復刻しました。

リーボックらしいレトロなデザインが特徴的です。

 

UMBRO BUMPY(アンブロ バンピー)

2018年9月に発売されたモデル。

実はこのシューズ、日本で発売される1年前程に韓国で発売され、大ヒットしたスニーカーです。

韓国ではダッドシューズブームが日本よりも遥か前に来ており、アンブロに限らず他のブランドのダッドシューズも韓国のほうが先に発売されていることが多いです。

BUNPYの名前の由来ですが、アウトソールがサッカーのスパイクのように凸凹していることから名付けられています。

アンブロはそれほど知名度のあるブランドではありませんが、サッカーブランドとしては有名なため、サッカー経験者からすると馴染みのあるブランドです。

 

FILA(フィラ) ディスラプター

こちらも日本ではあまり馴染みのないブランド。

イタリア初のブランドなのですが、現在は韓国の企業が買収し、韓国のスポーツメーカーとなっています。

海外のスニーカーショップへ行くと、意外とこのフィラのダッドシューズが多くあり驚かされます。

日本では馴染みがないかもしれませんが、フィラのディスラプターは世界的に見るとダッドシューズの定番とも言えるでしょう。

 

ダッドシューズブランド別まとめ

  • バレンシアガ:トリプルソール
  • ニューバランス:608
  • アディダス:ファルコン
  • アディダス✕ラフ・シモンズ:オズウィーゴ3
  • プーマ:サンダースケプトル
  • リーボック:アズトレックOG
  • アンブロ:バンピー
  • フィラ:ディスラプター

以上!

8足のダッドスニーカーを紹介させていただきました。

気になるダッドシューズがありましたらチェックしてみて下さい!!