サガシティ「公式LINE」始めました!!

革靴の購入時にオススメのシューキーパー!「コルドヌリ・アングレーズ」とは?

スポンサーリンク

オシャレを気にする男性の方なら一度は憧れる、「高級革靴」。

オールデン、ジョンロブ、ジェイエムウエストン、アレンエドモンズ、様々なブランドがあります。

ぼくも先日オールデンのスリッポンを手に入れたのですが、いわゆる「高級革靴」の購入がはじめてだったので、手入れの仕方を調べたり店員さんに不明な点を聞いたりしました。

シューキーパー(シューツリー)のことや、革靴を選ぶ際の注意点など様々な情報が身についたので、まとめておきます。

スポンサーリンク

シューキーパーの役割とは?

コルドヌリ・アングレーズ

コルドヌリ・アングレーズのシューキーパーの紹介の前に、革靴にはなぜシューキーパーが必要なのかを理解しておきましょう。

主な役割は以下となります。

  • 革のシワ予防
  • 靴全体のシルエット保持
  • 手入れ時の助けになる(細かい履きシワなどを手入れ出来る)
  • 湿気予防

モノにもよりますが、シューキーパーはこれだけたくさんの役割を果たしてくれるのです。

正直、湿気予防に関しては、ぼくも調べるまで知りませんでした。

だれに聞いても、何で調べてもですが、革靴を長く大切に履くならシューキーパーは確実に一緒に購入した方が良いという情報しかありません。

 

私のおすすめはフランス発 「コルドヌリ・アングレーズ」

コルドヌリ・アングレーズ

コルドヌリ・アングレーズはどんなブランドか?

  • 1885年発
  • フランス、パリ発
  • 高級革靴メーカーのラストを生産
  • デザイン性のあるシューキーパー生産

歴史のあるブランドで、機能性だけでなく見た目にもこだわりのあるブランドです。

さらに、コルドヌリ・アングレーズのシューキーパーで使われている素材は「フランス産のブナ材」のみ。

素材も本当に良いものしか使わない徹底ぶりで、細かい所にもこだわりのあるブランドです。

 

サイズが豊富

一般的に考えるとオールデンの革靴を購入する人はシューキーパーもオールデンにする人が多いです。

ぼくも最初はそのつもりでした。

しかし、色々調べてみるとその考えが少し浅はかであることに気が付きます。

オールデンのシューキーパーとコルドヌリ・アングレーズのシューキーパーには決定的な違いがあったのです。

オールデンのシューキーパーはサイズの展開が少ない

オールデンのシューキーパーは「S」「M」「L」の3種類のサイズしか展開されていません。

ですが、靴のサイズって様々ですよね?

24センチの人もいれば、28センチの人もいます。

さらに言うと24.5センチ、25.5センチなど細かいサイズ間の違いもあります。

正直「S」「M」「L」の展開だけでは対応できないのです。

コルドヌリ・アングレーズはサイズが8種類

ぼくが購入したオールデンの靴にはオールデンのシューキーパーのサイズがどれもピッタリ合いませんでした。

そこで、店員さんに紹介してもらったのが「コルドヌリ・アングレーズ」でした。

シューキーパー入れた画像

このブランドのシューキーパーは、

サイズの展開が8種類あります。

そのため、本当にサイズの合ったものを選ぶことが出来ます。

高級革靴はほとんどの人が長く大切に履くものです。

シューキーパーも靴にあった質の良いものを購入するのは当然と言えるでしょう。

 

価格はオールデンよりも高い

オールデンが革靴ブランドなのに対して、

コルドヌリ・アングレーズシューキーパーのブランドです。

シューキーパーに関してはオールデンよりも専門性が高く、こだわりがあります。

その分、高額でもおかしくおありません。

ぼくは大切な革靴を長く履くために、少し価格が高めのコルドヌリ・アングレーズのシューキーパーを迷わず購入しました。

 

見た目

コルドヌリ・アングレーズ見ため

コルドヌリ・アングレーズ見た目

見た目はもの凄く高級感があります。

 

まとめ

高級革靴を購入したら長く大切に履きたいですよね。

その為にシューキーパーは大切な相棒になります。

納得のいくものを購入しておきましょう!!

 

おまけ:最初からインソールを購入しない

ほとんどの人は左右の足の大きさが違います。

ぼくも左の方が小さくて右の方が大きいです。

そのため革靴のサイズ選びはいつも相当悩みます。

以前、欲しい革靴を見つけたのですが、どのサイズを履いても合わないことがありました。

その時に店員さんに、あえて少し大きいサイズを購入してインスールで調整しても良いのか聞いた所、

革靴は最初からインソールを使用するのは良くない

と教えてもらいました。

理由としては、革靴はスニーカーと違い、履いている内に

  • 革が伸びる
  • 靴底が沈む
  • つまり、足に馴染む!!

革靴は最初からサイズをインソールで調整するのではなく、足に馴染んでからインスールが必要か判断します。

覚えておきましょう。