サガシティ「公式LINE」始めました!!

メルカリではどんなブランドが売れる?1日に100件以上取引してわかったこと

スポンサーリンク

ここ数年で、どんどん利用者数を伸ばしている「メルカリ」ですが、皆さんは利用したことはありますか?

おそらく、ほとんどの人がメルカリで出品or購入を経験したことがあるのではないでしょうか。

日本では当たり前のサービスとして定着しているメルカリ。

なんと、今ではアメリカでも2500万ダウンロードを達成しており、日本が誇る世界的アプリにまで成長しています。

ダウンロード件数7500万突破、「メルカリ」が好調な理由は?

そんなメルカリですが、これまでのぼくは半年に一回位のペースでゆるく利用していました。

主に出品側で利用しており、不要なものを適当に撮影して、売れたらラッキー程度です。

適当に出品したものでも、ほとんどが売れていたので、なんとか不要なものを全て出品出来ればと思っていたのですが、なかなか手を付けることが出来ていませんでした。

しかし!!

先日、引越しをする機会に、気合を入れて不要なものを全て出品する決意をしました!

その数なんと100点以上!!

本当に丸一日かかりましたが、結果20万円近くの売上になりました。

ちなみに出品したほとんどが「服」や「アクセサリー」「鞄」です。

今回、メルカリを本気で利用してみて、どんなアイテムが売れて、どんなアイテムが売れなくて、どんなことに気をつけたのかを備忘録としてまとめておきます。

これからメルカリで出品を考えている人は参考にしてみて下さい♪

スポンサーリンク

メルカリで売れやすかったブランド

メルカリ

価格や状態にもよるので、このブランドだったら絶対に売れるなんてことはありえません。

しかし、ぼくが出品作業をしていて比較的食いつき(購入、コメント等)が多かったブランドをまとめておきます。

参考程度に見て頂ければと思います。

  • DIESEL(ディーゼル)
  • NEWBALANCE(ニューバランス)
  • Ray-Ban(レイバン)
  • ロロピアーナ
  • PORTER(ポーター)
  • フランクリンマーシャル
  • STONE ISLAND(ストーンアイランド)

これらのブランドは比較的、早く売れました。

特徴としては、どれも「多くの人が知っているブランド」で「高額」です。

当たり前ですがメルカリで購入する人は普通に買ったら高いものを安く買おうとしています。

そのため、元から価格の安いノーブランドのものやファストファッション系のアイテムはほとんど売れません。

そのかわり、知名度の高いブランドは売れる確率は本当に高いです。

 

メルカリで売れやすいアイテム

売れやすいブランドについてまとめましたので、次はブランドではなく売れやすいアイテムについてまとめてみます。

ぼくが多くのものを出品して売れる確率が高いと感じたものはダントツでアクセサリーです。

アクセサリー

特に時計、ブレスレット、ネックレスは物凄いスピードで売れました。

ただ、こちらも「ブランド物」であることは絶対で、ノーブランドのアクセサリーはどれだけ価格を安くしても売ることは出来ませんでした。

使用していないブランド物のアクセサリーをお持ちの方は、少し強気の価格設定でメルカリに出品してみても良いかもしれません。

意外と売れると思います。

まだアプリを取っていない方はダウンロードしてどんな商品がどのくらいの価格で販売されているかチェックしてみると分かりやすいですよー!

※【2019年追記】:ブランドのメガネ、サングラスもよく売れる

メルカリ サングラス ネガネ

2019年にはいって、また大量のアイテムを出品してみました。

その中でよく売れたのはサングラスとメガネ。もちろん有名なブランドのものです。

以下、サングラス・メガネで売れたブランド。

  • Ray-Ban(レイバン)
  • GUCCI(グッチ)
  • 9999(フォーナインズ)

どれも出品したその日に値引き無しで売れました。

メルカリで副業をするならサングラス・メガネ類は狙い所かもしれません。

 

アパレル品ではないですが、本もメルカリで売れやすいものの一つ

今回、アパレル品を中心に出品しましたが、書籍も何点か出品。

出品した書籍の中では「堀江貴文さんの本」が本当にすぐに売れて驚きました。

2冊出品して両方ともすぐに売れてしまいましたからね。

他にも有名な著名人が書いている本は値引きなしで、ほとんどすぐに売れてしまいました。

元値に近い価格でも売れるので、読み終えた書籍がある人はメルカリに出品してみると良いでしょう。

 

売りにくいと感じたもの

売れるものについて分かった所で、売れにくいものについてもまとめておきます。

ぼくが売りにくいと感じたものは以下の3つです。

  • ノーブランドのアイテム
  • 時期違いのアイテム
  • Tシャツなど素肌の上に着るアイテム

全て売れないのが当たり前のアイテムかもしれませんが、想像している以上に売れなくて驚きました。

さらに、この中でも特に売れにくいのは「半袖Tシャツ」です。

こちらはブランド物で価格を安くしてもなかなか売れません。

出品の時期も6月と、夏前でしたがほとんど売れない状態です。

考えてみれば、いくら洗濯していても夏場に知らない人の汗の染み込んだTシャツを購入する人も、なかなかいないのかなぁと思いました。

実際にぼくも中古のTシャツはあまり買う気になりませんしw

かといって売れた半袖Tシャツもありますので、気長に売れるのを待ってみます!!

 

メルカリに現るモンスター

メルカリで多くの物を出品して、多くの取引をしましたが、

「こんな人もいるんだなぁ、、、」

と思わせられる出来事がいくつかありましたので紹介しておきます。

購入後に質問の多い人

通常、商品に対しての質問や値下げは購入前に行うはずです。

ですが、中には購入したあとに商品に対する質問を多くしてくる人もいました。

こちらとしてはあとは商品発送だけなのに余計な仕事が増えた感はありました。

 

発送後連絡が途絶える人

メルカリでは商品の到着が確認できた時点で購入者が出品者の評価をします。

評価をしなければ取引を完了させることができません。

取引の完了が出来ないということは売上にも反映されません。

商品が届いているはずなのに音信不通になり売上に反映されないというトラブルもありました。

なんとかメルカリに問い合わせて完了することが出来ましたが、音信不通になった利用者には不信感が残ってしまいました。

 

大胆過ぎる値引き

こちらはメルカリ利用者に特に多いとされる、

過剰な値引きをしてくるユーザーです。

実際にぼくも体験しましたが、いきなり設定価格の半額以下を求めてくる人、値引き不可と記載しているにも関わらず値引きを要求してくる人。

様々な人がいました。

 

気を付けたいこと

発送先

当たり前ですが購入した商品は購入した人に発送しなければなりません。

商品が一つであれば問題ありませんが、同時にいくつもの商品を発送するとなると、違う商品を送ってしまうリスクが出てきます。

発送先はしっかりと確認しましょう。

 

商品の確認不足

メルカリに出品するものは長い間使用していないものがほとんどのはずです。

長い間使用していないと、その商品に傷やほつれがどの程度あるのか把握出来ていない場合もあります。

出品する前に商品のチェックは必ず行いましょう。

 

発送先、商品の確認不足は実際にぼくが犯してしまったミスです。

取引が増えてくると、こんなありえないミスも多くなります。

気を付けましょう。

 

商品登録はスピード命?

多くの商品を登録する場合は商品登録のスピードが大切になってきます。

5,000円の商品を出品するとします。

撮影や商品詳細の文章を考える時間を入れて、登録するのに3時間かかった場合、3時間で5,000円を稼いだことになります。

しかし、商品の登録が15分で終われば15分で5,000円稼いだことになります。

そう考えると、いかに商品登録のスピードを早くすることが重要なのかが分かります。

ぼくはメルカリの商品画像の比率は正方形なのでカメラの比率も正方形にしました。

文章も雛形を用意してなるべく時間のかからないように工夫しました。

スマホよりもパソコンでの出品の方が早いので出品作業はパソコンを使用しました。

小さいことですが、多くの商品を出品する場合は登録のスピードに気をつけてみると良いでしょう。

まとめ

メルカリについて備忘録としていろいろまとめてみました。

とにかくメルカリの何が良いって手軽に不要なものをお金に変えられることです。

今回ぼくは家にあるいらないものを売って183,897円の売上になりました。

これが引越しの際に全てゴミ箱行きになっていると思うとゾッとしますw

正直出品する量が多ければ多いほど大変ですが、気合を入れて1日メルカリの出品に時間を当てれば思わぬ副業ができるかもしれません。

不用品のある方はこの機会にメルカリに出品してみて下さい♪

それではー!!