ニューバランスのスニーカーは価格もバラバラで初めて購入する人には分かりづらい仕組みです。当サイトでは似ている品番の比較や品番の意味を誰でも理解できるよう解説。ニューバランス初心者から上級者まで楽しめるサイト作りを心掛けています。

ニューバランスの選び方

ニューバランス990番シリーズと500番シリーズは根本的に構造が異なる

  • 990番シリーズ:ロードランニングモデル
  • 500番シリーズ:トレイランニングモデル

ニューバランスの990番シリーズと500番シリーズは、根本的にスニーカーの仕様が異なります。

990番シリーズはアスファルトなど平らな道に適しており、500番シリーズは山道などのデコボコした道に適した構造です。

履き心地は990番シリーズが柔らかくて包み込まれるような履き心地。歩いたり、走ったりするには990番シリーズの方がおすすめ。

反対に500番シリーズは靴底に硬さを感じ、安定感が強い履き心地です。立ち仕事をする人におすすめです。

スポンサーリンク

靴の中に決定的な違いが

構造自体が異なる二つのシリーズですが、靴の中には決定的な違いがあります。

以下は990シリーズの靴の中。

ニューバランス996靴の中

靴の真ん中に向けて縫い目が丸出しになっています。

990は包み込まれるような柔らかい履き心地を実現するため、靴全体を巻き込むような設計がされているのです。

触ってみると柔らかくクッション性が強いことが分かります。

次に500番シリーズも見てみましょう。

ニューバランス576靴の中

500番シリーズは990番シリーズとは異なり安定性を向上させるために、インソールの中にもう一枚シートのようなものが引いてあります。

このシートは触ると分かりますが硬いです。

990シリーズと比較するとまるで触り心地が違いました。

アウトソールは500番シリーズのほうがゴツゴツ

靴の中意外にも靴の外側であるアウトソールにも大きな違いがあります。

990番シリーズは平らな道をスムーズに走行するため、アウトソールは平らです。

ニューバランス996アウトソール

990番シリーズ

しかし、500番シリーズのアウトソールは山道や林道を走行するためにかなりゴツゴツしています。

500番シリーズを履いた時990番シリーズにはない安定感を感じられるのはアウトソールのゴツゴツと、インソールの中にあるもう一枚のシートに大きな要因があるようです。

ニューバランス576アウトソール

500番シリーズ

ちなみに1000番シリーズは2つのシリーズを良いとこ取り

990番シリーズと500番シリーズの他にニューバランスの代表的なスニーカーといえば1000番シリーズです。

1300から始まり、今では2000番に突入。

現在の最新モデルは2040v3と呼ばれるモデルです。

この1300から始まる1000番シリーズはフラッグシップモデルと呼ばれ、990番シリーズと500番シリーズの良いとこ取りをしたシリーズ。

そのため、時代によって安定感が強かったりクッション性が強かったり、重要視されている機能性は大きく異なります。

比較的価格も高く、履き心地も最高級との声が多いです。

ちなみに1000番シリーズ、990番シリーズは新しいモデルが常に開発され、品番も増えてアップデートを重ねていますが、現在500番シリーズは進化が止まっています。

ニューバランスの最新のテクノロジーを体感したければ、990番シリーズか1000番シリーズの最新モデルがおすすめでしょう。

以下、現在の最新モデルです。