TOFF&LOADSTONEのルーフボタンのレビュー!軽さが特徴のヤギ革モデルを購入しました

日本のレザーバッグブランド「TOFF&LOADSTONE」。

多くの百貨店で取り扱いのある、ブランドです。

ちなみに、TOFF&LOADSTONEはトフアンドロードストーンと読みます。

先日初めてTOFF&LOADSTONEのレザーバッグを購入しましたので、このページでレビューします!

TOFF&LOADSTONEのルーフボタン

以下がぼくが購入したTOFF&LOADSTONEのレザーバッグ。

TOFF&LOADSTONE ルーフボタン

ルーフボタンと呼ばれるモデルで真ん中にある真鍮のボタンが印象的です。

TOFF&LOADSTONE ルーフボタン

高級感ある黒のトートバッグで、作りはシンプル。

落ち着いた雰囲気でジャケットやキレイめな服装には合わせやすい鞄です。

レザーのトートバッグというと似たデザインのものが多いですが、ルーフボタンは真ん中に真鍮のボタンがあるため、他のレザートートバッグとは差別化できます。

個人的にこの真鍮は個性がさりげなく出せるので、とても気に入っています。

生地には山羊の革を使用

今回紹介しているTOFF&LOADSTONEのトートバッグはフィヨルドゴートシリーズというモデルです。

フィヨルドゴートシリーズは山羊の革を使用したモデル。

TOFF&LOADSTONE ルーフボタン

山羊革の特徴はなんと言っても軽さです。

ちなみに、TOFF&LOADSTONEのフィヨルドゴートシリーズ以外の鞄は牛革が使用されています。

同じルーフボタンでも牛革モデルはフィヨルドゴートシリーズよりも重量があります。

また、フィヨルドゴートシリーズはTOFF&LOADSTONEの中でも価格が高いモデルです。

ぼくは毎日のように使うバッグにはストレスを感じたくなかったで、迷わず山羊革が使われているフィヨルドゴートシリーズを購入しました。

収納部分はシンプルな構造

ルーフボタンの収納部分はかなりシンプル。

TOFF&LOADSTONE ルーフボタン 収納部分

大きな収納部分が一つと、中の小さなチャック付きポケット、その向かいにある2つのポケットの全4つです。

TOFF&LOADSTONE ルーフボタン 収納部分

TOFF&LOADSTONE ルーフボタン 収納部分

以下はこの鞄を使う時に入れているもの。

TOFF&LOADSTONE ルーフボタン カバンの中身

パソコンを入れることはほとんどなく、タブレットやガジェット類をまとめて入れることが多いです。

パソコンが必要のない仕事時やプライベートでメインに使っています。

 

ちなみに、パソコンを持ち運ぶ時はやっぱりバックパックが楽なので、以下の鞄を使用することがほとんどです。

Aer フライトパック 2のレビュー!MacBook16インチがすっぽり入る、便利なバックパック
これまで様々なバックパックを使ってきましたが、今現在一番頻繁に使用しているのが、今回紹介するAerのフライトパック2という鞄です。 ぼくは仕事でパソコンを使うことが多いのですが、ノートPCはマックブックの16インチを愛用しています...
ミステリーランチのスーパースリックのレビュー!ビジネスバッグとしても優秀な万能バックパック
パソコンを持ち歩くようになってから、ほぼ毎日使っているバックパック。 これまでいくつものバックパックを使ってきましたが、今回はその中でも特に気に入っているものを紹介します。 ミステリーランチのスーパースリックというモデルで、意外と珍...

 

TOFF&LOADSTONEの価格帯

TOFF&LOADSTONEのアイテムは百貨店でも取り扱いがあるため、価格が高いと思われています。

しかし、レザーブランドの中では高すぎず安すぎずと言う価格帯です。

どんな人でも手の出しやすい価格帯でメンズ・レディースアイテムどちらも種類が豊富なので、意外と幅広い層におすすめできる鞄ブランドだと思います。

 

まとめ

TOFF&LOADSTONEのルーフボタンのレビューでした。

TOFF&LOADSTONEは日本のブランドでハンドメイドということが特徴のブランド。

実際に何年か使用してみて、耐久性も問題なくデザインも飽きが来ないシンプルなもので、長く使える鞄だと感じました。

人におすすめしたいブランドなので、レザーバッグの購入を検討している人はぜひチェックしてみてください!