ニューバランスが迷走?次々に出るニューモデルを履いて思うこと

スポンサーリンク

2017年現在。

正直スニーカーブームの終わりが近づいている気がしてなりません。

街を見渡しても前ほどニューバランスのスニーカーを履いている人は見かけませんし。。。

まぁぼくは変わらず履いていますがねw

 

で、スニーカーブームは過ぎ去ろうとしていますが、ニューバランスからは次々と新しいモデルが出てきています。

特にものすごい勢いで宣伝されているモデルが、「247」と「574S」です。

 

スポンサーリンク

どちらのモデルもスポーティ

ニューバランス574S

ニューバランス574S

ニューバランス247

ニューバランス247

画像を見て分かる通り、どちらのモデルもこれまでのニューバランススニーカーとは違い、見た目がとてもスポーティです。

さらに履き心地もこれまでのニューバランスとは違い、履きやすさ、足への負担軽減というよりはスリッポンのように裸足のような履き心地に近くなった印象です。

 

ニューバランスはどこへ向かうのか?

247や574Sを見て分かる通り、ニューバランスはこれまでのモデルとは違い、アディダスやNIKEに近いスニーカーを次々に出していることがわかります。

しかし、アディダスやNIKEのような作りのスニーカーを量産して果たしてヒットするのかは正直謎です。

なぜなら247や574Sがアディダスのウルトラブーストやナイキのニット素材のエアズームなどには到底勝てないと思うからです。

 

ナイキやアディダスとは立っている土俵が違う?

ぼくはニューバランスのスニーカーがめちゃくちゃ好きですが、好きになった理由は履き心地です。

これはニューバランスを取扱っているセレクトショップのオーナーさんに聞いて回りましたが同じ結果でした。

 

その観点から言うと、これまでのニューバランススニーカーと新しく出ている247や574Sの履き心地を比べると、新しく出ている247や574Sの履き心地はそこまで良いとは言えないです。

ニューバランスはこれまで通り、圧倒的な履き心地を追求することが生き残っていく術ではないかとぼくは思います。

 

結局何が言いたいのか。。。

USA製やUK製のスニーカーは絶対残してくれ!!

ってことです。

 

247も574Sもアジア製(中国やベトナム製)のスニーカーです。

その為価格はそれ程高くありません。

 

価格は高いですが、USA製やUK製のニューバランススニーカーは本当に履き心地が良いです。

一度はいたら他の靴を履きたくなくなる位です。

 

最近はニューバランスから新しく出るスニーカーがアジア製のものばかりだったので、このままUSA、UK製がなくなってしまうのでは?と、不安になったのでこのような記事を書いてみましたw

 

頼むからUSA、UKは永遠に残して下さいー!!