サガシティ「公式LINE」始めました!!

HOKAONEONEのスニーカーは種類が豊富|人気モデルと意外なコラボモデルを紹介!

スポンサーリンク

ホカオネオネ

どうも、スニーカー大好き 黒屋すすむ(@sagacity)です。

日本でスニーカーと言うと、NIKE、アディダス、ニューバランス辺りが定番となっていますが、それらのブランドは人気がありすぎるため、履いている人も多くなります。

 

黒屋すすむ
黒屋すすむ

ぼくはニューバランスのスニーカーが特に好きですが、あえて人とかぶらないよう人気のない5771700を履くことも多いです。

 

もちろん、ブランド自体を珍しいものにしてしまえば、さらに他人とかぶる確率を減らすことができます。

今回はファッションシーンでは少しずつ認知されはいるものの、まだまだ履いている人の少ないスニーカーブランド、「HOKA ONEONEホカオネオネ」の紹介です。

スポンサーリンク

ホカオネオネの特徴はボリュームのあるソール

ホカオネオネは2009年にフランスで誕生したブランド。

 

黒屋すすむ
黒屋すすむ

実際に日本で発売されるようになったのは、2017年ごろです。

 

まだまだ歴史の浅いブランドですが、少しずつファッション誌でも取り上げられるようになり認知度が高くなってきました。

新しいブランドらしく、見た目も現代のファッションに合わせやすくデザインがされています。

ホカオネオネのスニーカーは画像のようにソールが厚いことが特徴です。

黒屋すすむ
黒屋すすむ

このソールの厚さが、柔らかく反発力のある履き心地を実現しています!

 

ここ数年、世界的にボリュームのあるスニーカーが人気で様々なブランドから発売されています。

ホカオネオネのスニーカーは標準でほとんどのスニーカーがボリューミー。

そのため、現代のファッションにはとても合わせやすいデザインでと言えます。

 

ホカオネオネのスニーカーには種類がある

どのブランドにもシューズのカテゴリーは存在しますが、ホカオネオネにもカテゴリー(種類)が存在しています。以下は定番の種類です。

  • ロードランニング
  • トレイルランニング
  • ハイキング

他にもありますが、ファッションシーンではこの3つのカテゴリーが定番でしょう。

ちなみに、この中でも一番の定番はロードランニングモデル。

すっきりした見た目で、どんな服装にも合わせやすいスニーカーが多いです。

 

個人的に一番好きなのはTOR ULTRA LOWトゥ ウルトラロー

TOR ULTRA LOWトゥ ウルトラ ローはニューヨークのブランドである、エンジニアガーメンツとコラボして注目を集めたモデル。

アパレルブランドとのコラボモデルのため、他のホカオネオネのスニーカーよりも明らかにデザイン性が高いです。

TOR ULTRA LOWトゥ ウルトラ ローは先で紹介した3つのカテゴリーの中のハイキングカテゴリー属されます。

そのため、元々のソールのボリュームに加えゴツゴツした見た目もプラスされているのです。

さらに機能性の面では防水性に優れており、ファッション性だけでなく履き心地や耐久性も重視されているシューズ。

 

黒屋すすむ
黒屋すすむ

個人的にはこのスニーカーがホカオネオネの中では一番ファッション性が高く機能性もおすすめ出来るモデルです!

TOR ULTRA LOWトゥ ウルトラ ローは人気モデルにより現在(2019年1月)新品では手に入りずらい状態です

 

定番モデルBONDIボンダイシリーズ

NIKEならエアマックス、アディダスならスタンスミス、どんなスニーカーブランドにも定番モデルが存在します。

ホカオネオネの定番モデルはBONDIボンダイと呼ばれるモデルです。

ボンダイはロードランニングモデルでホカオネオネのスニーカーの中でも特にクッション性に優れたモデル。

この履き心地は他のブランドにはなかなかありません。

ボンダイの中でも特にファッションシーンに合うのがオールブラックのモデルで、ハイテク感と大人のイメージを兼ね備えています。

ボンダイは現在6代目モデルが発売されており、ホカオネオネ自体が力を入れているモデルと言うことが分かります。

 

コスパ抜群のモデルCLIFTONクリフトン

ボンダイと並んでホカオネオネの定番モデルと認知されているのが「クリフトン」です。

クリフトンもボンダイと同じでロードランニングモデルの一つ。

2つのモデルは見た目も似ています。

クリフトンとボンダイの大きな違いは価格です。

クリフトンのほうがボンダイよりも価格が安いです。

  • ボンダイ▶価格が高い
  • クリフトン▶価格が安い

クリフトンのほうがボンダイよりも価格が安いのは、使用されているテクノロジーが大きく関わっています。

ボンダイのほうが履いたときのクッション性が強く、足への負担が少ないと言われているのです。

もちろん、履き心地には個人差があるのでクリフトンのほうが履いていて気持ちが良いという人もいるでしょうが、基本手にはボンダイのほうが良いとされています。

見た目はほとんど同じなので、クリフトンとボンダイで迷っている人は自分の予算と、履き心地でどちらを購入するか決めると良いでしょう。

 

強い要望から復刻が決まったVALORベイラー

歩いた時に強いクッション性を感じられるモデル「ベイラー」。

2015年に発売された後、一時販売がストップしていましたが、2018年に多くの要望を受けて復刻されたモデルです。

ベイラーは最初に紹介したとTOR ULTRA LOWトゥ ウルトラ ロー同様、ニューヨークのアパレルブランド、エンジニアガーメンツとコラボをしたことで話題となりました。

そのため、ホカオネオネの中ではデザイン性の高いモデルとしても認知がされています。

 

黒屋すすむ
黒屋すすむ

ナイキのエアマックス95にシルエットが似ています!

 

 

ホカオネオネの中では珍しい、スッキリりしたフォルムのHUPANAフパナ

ホカオネオネのスニーカーの中では比較的スッキリしたフォルムの「フパナ」です。

フパナは履いた時の反発力が重視されているモデル。

ソールが厚すぎないため、ハイテク感は少なくなりますがスポーティ感はその分強くなります。

機能面では通気性と反発性に優れており、街履きはもちろんランニングなどトレーニングシーンにも活躍するシューズでしょう。

ボンダイやベイラーなどボリュームのあるスニーカーが苦手な人には特におすすめのスニーカーです。

 

履き心地抜群!ホカオネオネのサンダル

ホカオネオネといえばスニーカーが定番アイテムですが、実はサンダルにも力を入れています。

 

黒屋すすむ
黒屋すすむ

ホカオネオネのサンダルはスニーカー同様ソールが分厚い!

 

見た目通り、他のサンダルにはないクッション性が特徴です。

ランニング後に足を休ませるために、開発されているので履き心地は本当に抜群。

落ち着いた色を選べば、十分ファッションアイテムとして活用できます。

 

履き心地抜群のスニーカーブランドホカオネオネのまとめ

ホカオネオネのスニーカーはその柔らかい履き心地と、強いクッション性からマシュマロのような履き心地と言われています。

そして、履き心地だけでなくハイテク感の強い見た目も特徴的。

特に近年のファッションには欠かせない最適のブランドです。

ナイキのエアマックスや、アディダスのウルトラブースト、ニューバランス990v5あたりが好きな人には特におすすめできるスニーカーブランドだと思います!

 

黒屋すすむ
黒屋すすむ

まだ履いたことのな人は、一度履いてみることを強くおすすめします!

 

その他
スポンサーリンク
Sagacity|黒屋すすむのスニーカー、メンズバッグ、カメラ多めのブログ