サガシティ「公式LINE」始めました!!

スニーカー通勤は流行るのか?現実的か?

スポンサーリンク

日本のスポーツ庁が「スニーカー通勤」の推奨を始めました。

スーツ×革靴が鎧とされている日本のサラリーマンからは賛否両論ありますが、スニーカー好きのぼくからすると嬉しいニュースです。

スポーツ庁は、普段の生活から気軽に取り入れることのできる「歩く」に着目し、「歩く」に「楽しい」を組み合わせることで、自然と「歩く」習慣が身につくようなプロジェクト「FUN+WALK PROJECT」をスタートさせます。ビジネスパーソンを中心に2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた国民全体の取組として、本格的なスポーツをする人のみならず、日々の暮らしの中で気軽に体を動かす人も含めて、スポーツ参画人口の拡大を進めていきます。

スポーツ庁公式サイトより

目的としては運動不足の解消ですね。具体的には1日の歩数を1000歩(10分)増やそうという目標があるそうです。

 

以下、スポーツ庁が提示しているデータになります。

  • 20代~40代で週1回以上運動をしている人は30%台前半
  • 30代~40代の約8割が運動不足を感じる
  • 国民医療費40兆円を超える
  • 1日の平均歩数は6710歩

 

スポンサーリンク

ちなみに医学的にも10分間の運動は健康だと証明されている

2013年にアメリカで行われた研究によると、10分程度の運動を続けた人とそうでない人を比べた場合、運動をしている人の方が心筋梗塞や冠動脈疾患の発症リスクを示す値が低くなったそうです。

部屋の掃除や庭の草刈り、荷物運び、ウォーキングやサイクリング、子供との遊びなど、日常生活での1回10分程度のちょっとした活動であっても、積み重ねればエネルギー代謝を向上させ、肥満予防につながるという研究が、米国で発表された。

糖尿病ネットワークより

今回スポーツ庁が発表した「スニーカー運動」も目標である”1日の徒歩時間を10分伸ばす”を達成できれば、良い意味で日本全体の健康に大きな影響を与えてくれそうです。

 

現段階ではスニーカー通勤が広まるのかは謎

実際に目標を達成できれば良いですが、すぐには無理でしょう。

いくらテレビやネットのニュースで「スニーカー通勤」が取り上げられても浸透するには時間がかかります。

少し前に大きな話題となったプレミアムフライデーと同じです。

さらに、スニーカー通勤はファッションの観点からしても良いとは言えません。スーツにスニーカーって絶対難しいですからねw

ちなみにぼくがもしスーツと合わせるスニーカーを買うなら以下のようなものを買いますね。

ニューバランスの人気モデル996です。

ニューバランスの中でもシルエットの細いモデルで落ち着いた色合いを選べばスーツと合わせてもそれ程違和感がなさそうです。

さらにニューバランスのスニーカーは履き心地や歩きやすさが優れているブランド。

スニーカー通勤をするならおすすめです。

 

アンケートでは意外な結果が

Yahooの意識調査でスニーカー通勤に対するアンケートが行われていました。

アンケートには以下の4つの項目がありました。

  • 定着してほしいし、定着する
  • 定着してほしいが、定着しない
  • 定着してほしくないが、定着する
  • 定着してほしくないし、定着しない

この中で一番票を集めていたのは意外にも、

定着してほしいが定着しない
※2017年10月10日現在の投票結果

でした。

ぼくはてっきりスニーカー通勤には批判的な声の方が多いと思っていたので「定着してほしい」という意見が一番多いことに驚きました。

SNSには批判的な意見が溢れているので惑わされないようにしなければなりませんw

 

豆知識:スポーツ庁とは?

スポーツ庁は2015年に設立された日本の行政機関です。よくテレビの天気予報に出てくる「気象庁」と同じです。

スポーツ庁の公式サイトには以下の記載があります。

スポーツを通じて「国民が生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活を営む」ことができる社会の実現を目指す
・全ての国民のスポーツ機会の確保
・健康長寿社会の実現
・スポーツを通じた地域活性化,経済活性化

分かり易い例で言うと、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの準備はスポーツ庁がメインで動いています。

トップは鈴木大地さん

スポーツ庁の長官は元水泳選手の鈴木大地さんです。

鈴木さんはソウルオリンピックで背泳ぎ100メートルで金メダルを獲得している選手。

日本水泳連盟会長の経験もあります。

 

反対しているのは頭の固い年配の人が多数

スニーカー通勤

テレビやネットを見ていると、スニーカー通勤は年配の人からは批判的で若い層からは賛成の意見が多いと感じます。

さらに、若い層からは「そもそもスーツでの通勤をなくすべき」と言う意見も多く、今後はどんどん合理的な世の中になって行く気がします。

今では当たり前のように実施されている「クールビズ」も昔では考えられなかったですよね。

スニーカー通勤も早くサラリーマンの当たり前になってくれたら良いと思います。